上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羽川翼視点で送られる新しい化物語シリーズ、
第二章、と西尾維新氏は明かしてますね

猫物語の黒で阿良々木君が気持ち悪い、といった羽川家での生活が生々しく表現されてますね

なぜか阿良々木君が登場せず物語が進行していきますが、ギャグシーンも多いとは言えないけれどそこそこあり、
戦場ヶ原さんとのシーンもあり、面白いです

この物語で所々に出る白、言葉遊びが上手いなとひしひしと感じました

閑話休題
戦場ヶ原の言った味気なさ、全てが儀式的で感情が含まれてない、それは非常に白々しい、

若干ネタバレになりますので未読の人はちょっとスルーで




さてネタバレに入ります
謎の火災、全て起こしたのは羽川翼の嫉妬、だったのです
嫉妬はとてつもなく大きく、その嫉妬や悲しみを怪異に押し付けていたのは羽川翼本人だった

いつまでも白いままじゃいられない、いつか汚れて人間らしくなっていく、
自分の色を持っておくべき、そういうことなんじゃないでしょうか

終始シリアス多めでしたが、羽川翼が好きになれる、心の空白が満たされる一冊でした


Secret

TrackBackURL
→http://v1kutor1ka.blog38.fc2.com/tb.php/970-ce519f46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。