上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらすじ
とある修道院、ベルゼブブの頭蓋、
そこに図書室のとらわれ姫、ヴィクトリカは移送された
久城一弥はヴィクトリカを取り返すため奔走する

「ぼくのヴィクトリカ」ってもう言っちゃってますね(笑)
オカルト省と科学アカデミーの関係が出てきました
これからの話に関わってくるんでしょうね、楽しみです

さてまあ今回の謎の説明についにイラストがついてきてしまいましたが(角川文庫版)
マジックの種明かしみたいですね・・

幻灯機、って時点でもうあの冒頭のトリックはわかってしまいましたが・・

ついに登場!コルデリア・ギャロ
ヴィクトリカと会うことはありませんでしたが、
久城に伝えるように言った言葉にちょっと泣きそうになりました
Secret

TrackBackURL
→http://v1kutor1ka.blog38.fc2.com/tb.php/951-bf3dff7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。