上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
では僕の生甲斐である化物語シリーズ最新刊、囮物語の感想を書かせていだたきます!
さすがに短文感想は不可能ですので珍しく本格的に3つぐらいに分けて書こうと思います

囮物語 西尾維新作
bgbgb.jpg
今回の全体的な感想(ネタバレなし)
囮物語は物語シリーズのなかでも異色、まさに毛先を乱す、感じでした。
化物語下、偽物語上にしか登場していない(実際に登場していない)
千石撫子にまるまるスポットの当たるお話。
化物語でご存じでしょうが、彼女は”被害者”だから忍野メメにお金を要求されませんでした。
ですが・・その事件において、彼女は”被害者”でもあり”加害者”でした。
人間は被害を受ければ”被害者”という肩書になって、周囲からよい扱いを受けます。
ですがどうでしょうか、例えば騒音を出していたAさんにうるさいから、とBさんはAさんを殴りました。
加害者、はBさんです。ですがAさんも加害しました。
その時、Aさんは大抵自分は悪くない、と思ったりするでしょう、そのような感覚なのです。
これには僕も盲目だったな、と思いましたし、
やはり常に人間の行為にもこれがあるんだろうな、と思いました。


あと千石撫子のイメージの一つである”可愛い”について深刻な語りが多かったです。
確かにアニメやこの小説内で千石撫子というキャラはものすごく可愛いかったです。
この上部の表紙に可愛さと色っぽさしか感じませんし・・
可愛さは弱者の持つ最大の武器である。とか可愛さは警戒色ではなく擬態、など
でも、可愛い、っていうのは外見一つだけじゃなくて、自分が可愛いというのもある。
愛す可し(あいすべし)と書いて可愛い、こんな意味だったんですね・・
確かに、自分を愛さないと人を愛せない、ってへいおん!とかいう四コマ漫画のアニメでの曲にありましたがねw

今回の話は千石撫子の脱皮ですね、
この表紙の絵のようにズボンみたいなのを脱いでいますね、
今までの千石撫子が囮だったかのような、それを脱ぎ棄てるかのような、
物語の今までのスタイルを脱ぎ棄てるかのような、乱れに乱れた一話です。

次の記事に続きます
Secret

TrackBackURL
→http://v1kutor1ka.blog38.fc2.com/tb.php/1066-45d52611
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。