上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 
zigzag.jpg
今回この作品では戯言シリーズの3作目となりますが、
物語のミステリー的要素が薄れてバトル要素が強まる1作です
前回のクビキリサイクル、クビシメロマンチスト
これらとの作風とはまた違うものになってきています

良い点
キャラの喋り、トークが化物語のように面白くなってきている
言葉遊びが格段にレベルアップしているように見える、本領発揮、ですかな
主人公が様変わりしたような感じ、孤独主義は健在だけどうざったくない

悪い点
ミステリー色が薄くなってライトノベル、という感じが強まった
ただしただのライトノベル、という風ではなく、一つ別次元だと思う
クビキリサイクル、クビシメロマンチストに比べると短い

トリック
今回はミステリー色が薄いのであまり難しくなかった

感想
やはり今回は量の少なさ、を感じた
今回は現実味のない設定で引き込まれるのに時間がかかりましたが、微妙に急ぎ足で読みづらかった印象がなくもないです。
哀川潤の存在が相当物語に関わってきて面白かったです
色々なキャラとセリフ回しも、今回は化物語並の面白さでした

ぼく、こと戯言遣いが突っ込み役に回ると気持ちがいいぐらい面白い

そんでもって今回の真相、オチでしたが
今回あとがきで作者がテーマはない、と言っていましたが(あとがきでぼくが理屈を並べる人間とも肯定してましたが)
嘘、とか裏切りとかなんともいえないけれどちょっと悲しい

小萩だっけか、そんなキャラが言ってた台詞「無為式」
いーちゃんの性質を上手くあらわしてますよね
そういう人がホントにトラブルメーカーですよねえ

この作品で戯言使いの名前についていくらかヒントが出てきましたがさっぱりわかりませんねw

玖渚とぼくの過去が非常に気になる、そして本の厚さは薄いながらもブルーな読後感はいつも通りな
戯言シリーズ三作目クビツリハイスクールでした

Secret

TrackBackURL
→http://v1kutor1ka.blog38.fc2.com/tb.php/1030-bf2107d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。