上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戯言シリーズ二作目、クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
hyyt.jpg

今回はある程度のひねくれてても大丈夫な僕も、相当ひねくれてるなと思ったぐらい
僕自身これ以上捻くれてしまいそうな読後感
すごく重く、けれど格好いいと思ってしまうと中二病とか、
厨二病でもこれは許容できそうにないけれど

良い点
タイトルの零崎人識は最高にかっこいい
会話が前回より面白い
ドロドロの展開
個性的キャラ

悪い点
主人公の暴走っぷり、でも僕は好き
変わってて狂っている。あり得ないほどの捻くれ率

この作品の見どころ
いーちゃんの暴走っぷりはすごい
「キムチ丼大盛り、ご飯抜きで」
「話は話半分に聞けと言うし」
「よう、人間失格」

終盤にかけてのいーちゃんのかっこよさというかなんというかもうすごい
指の骨を折っちゃいますしね、自分で

ぼくが僕にそっくり、僕もこういうこと思っちゃうタイプですね

多分この作品、なんというかもう捻くれ過ぎてて賛否両論でしょうね
零崎人識かっこいいですね―
レールがもうちょっとずれているけれどw

レールの小石の表現、ものすごく的確
この作品の大部分でしたね

トリックと謎
今回のトリックは簡単、この作品はトリックより会話やストーリー
謎、x/y
僕も試した結果4/20になりました

葵井巫女子の誕生日、智恵、いーちゃん並に変わってるよ

全体的感想
この作品は化物語ほど大爆笑できるような作品ではなく
講談社box文庫ほど分厚くもないのですが
化物語と同じぐらいのボリュームを感じられます

それは会話とか文でやっぱりどこか面白さを感じてるんでしょうね

いつも通りのキャラの面白さ、
殺人鬼は許せるけれど殺人犯は許せない
殺す動機が下らないから?殺人鬼の殺す理由が高尚だから?
悪でもなんか価値のある、みたいな

いーちゃんと同族の零崎人識、いーちゃんのが酷いなあw
いーちゃんの無関心冷徹優しさのないコンクリートのような性格
まるで僕のような彼は共感できる部分が多かったです
零崎人識は人間失格といえど人間っぽいところも多かった気もしますけれど
いいキャラですよね、番外編も買っちゃいそうですw

僕が最も印象に残ってる会話はこれ
「じゃあ殺してよ」
「知らん、勝手に死ね」

彼は何の関心もなく殺せるだろうとか言ってましたけれど、戯言で殺せそうですよねw
凍えるような熱い戯言でした

人を選びそうな作品で相当気分が落ち込んでる時は読まないほうがお勧めです
読むだけで暗くなりそうな重さのある作品です

僕にとって傑作でした

Secret

TrackBackURL
→http://v1kutor1ka.blog38.fc2.com/tb.php/1019-433e51fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。