上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古典部シリーズ第二弾、犯人は誰・・・?

日常の謎をテーマにした古典部シリーズ第二弾。
福部里志と伊原摩耶花が混じってきてなかなかにぎやかです。

・ことごとく姉に使われる奉太郎、若干かわいそう
まあ、作者米澤穂信の作品ではよくある話なんですが、
主人公が割と受身ですね、
やらなくていいことは、やらない、やるべきことは手短に
この作品が初だったと思います。

・トリックがなかなか良い
作者の考えるトリックは結構奇抜、だと個人的に思います。
毎度毎度僕の推理能力が無いだけなんですけれど・・・

・各キャラが強くなってきて(個性)、話が結構立ってくる。
これ以降さらにキャラが強くなっていくんですが、
氷菓に比べ格段にキャラ付けが強くなっていると思います。
これ以降同氏の古典部シリーズ以外でもキャラの強い登場人物が多くなったのではないかと思います。

この作品もなかなか、でしたが、やはりこれ以降、クドリャフカの順番と遠まわりする雛が格段に面白いですね。
それと比べれば若干かすんでしまうかもしれません

五段階評価 5(すばらしい)
英文字評価 C
スポンサーサイト
2012.04.11 氷菓 感想
米澤穂信氏のデビュー作にして古典部シリーズ第一弾。
ほろ苦い青春学園ミステリ

・主人公の考えることは、同年代の僕にとってかなり共感できる。
省エネ主義である折木奉太郎、面倒くさがりで、考え方も面白い、
個性的で面白いはずなのに少し理解でき手しまうところが割とすごいと思う。

・千反田えるのかわいさはなかなか
近々アニメ化されますが目を大きくするシーンが個人的には楽しみですね

・古典部の謎、これが明かされたときはなかなかすっきり、
謎が解けたときの気持ちよさはなかなかですね、
この謎はほかの作品に比べればまだまだ序の口、ですが良かったです。

古典部シリーズはこれ以降も読破した上でこの感想を書いているので、
最高に面白い、とは言いがたいですね、でも十分楽しいです。

五段階評価 5(すばらしい)
英文字評価 C
作者綾辻行人の伝説の傑作。

絶対に電車では読んではいけない!

気持ち悪い、ひたすら気持ち悪い描写です。

気分が高揚していなかったら、これ青ざめるレベルと言っても差し支えない。

・ひたすら猟奇的にして狂気的
過剰、ともいえるほど。
殺人の描写がもちろんあるのですが、これが生理的嫌悪を感じます。
五年に一度吐くか吐かないかの僕ですら吐きそうになったこの作品、

・トリックの驚きは足をかけられて転んだぐらい
他に比喩があるとすれば、道端でガムを踏んだぐらい
「あっ、・・・あー」
こんな感じ。わかりにくいだろうけれどこれぐらいしか言いようがない

・最初の殺人が何より猟奇的(反転でネタバレ)
sex中の、重なり合った状態の二人を杭で貫通
なんというか・・・すごくエグイです。


・作者のあとがき、解説がとても良い
これは角川文庫ならでは、
作者の言い分、とてもよくわかる。
ホラー映画と現実の区別がついていない人が悪いわけでホラー映画とかその原作が悪いわけではない、
それは当然のこと。なのに世間は猟奇的事件があるとすぐなすりつけようとする。
ある種の悲鳴な気がしました。
解説を読んで、この作品の評価が上がった、といっても過言ではないです。
「ああ、そういう捉え方もあるのか」
ぜひ見てみることをお勧めします。

最終的な感想としては、トリックは巧妙というより猪口才。
こざかしい、とも言えますかね。
そんなことを言う資格はないんですが、そう感じてしまいましたね、
ストーリーは面白い。殺人鬼が思ったより人間っぽくて面白かったです

五段階評価 5(素晴らしい)
英文字評価 D
かなり大きな本のサイズ、なぜか豪華なしおりの星海社フィクション、
ひぐらしのなく頃にで有名な竜騎士07のデビュー作品

感想

・はっきりといえば同作者の作品「ひぐらしのなく頃に」ほどのインパクトはない、

鬼隠し編ほどのページ数で導入、事件、解決、は確かに難しいので仕方ないと感じます。

・割とあっさり
ここが個人的にはちょっと残念、もう少し怖くても良かった、と思えます。
でもこの作者の原点でもあるこの作品は「ここからひぐらしが生まれたのか」と考えるとすごいな、
と思うほどです。

・主人公の気持ちがよくわかる。内申点を気にする行動も痛いほどわかった
主人公の考え方、すごくわかりやすいです。
簡単に引き込まれていく感覚があってすごい、
中学三年生、という際どい時期で、なおかつ内申点を気にしている姿、ちょっと笑えました。

・導入の部分が面白くてよい、悪戯がだんだん大ごとになっていく様子がリアルだった。

骨をロッカーなどの中に入れたりして怖がらせ、それを祟りとしてはやらせる。
その祟りを治す方法として、古いお賽銭箱にお金を入れる。
そのお賽銭箱のかぎを開けられる主人公たちは、それで儲ける。

こういうちまちましたところが面白いです。緊張感があります。

最終的にいえば面白いけれど、インパクトがなかった。
1000円ほどしたのですが、500円ほどしか元が取れなかったような感じでした

感想には随時五段階評価(5が最高)と英文字五段階評価(Sが最高、Aが二番目に大きく、それ以降B、C、D)
五段階評価 4(かなり面白い)
英文字評価 C

(この場合4という評価のうちのC評価となります。)
遅れましたが少女不十分を読破致しました。なので感想を書かせていただきます。
この記事では読んだ感想であり、内容は若干ふれている程度です。
ネタバレは今回しません。あらすじがないので書くのが難しいですw


内容がわからないとこの先は読めないと思います。

Uと僕、Uの驚くべき行動を見てしまった僕、
Uに誘拐される僕、

逃げようと思えば逃げられるようなものなのに逃げない所などが書かれていましたが、
どちらかといえばこれは「女の押しに弱い」というように僕は見えました。
この「女の押しに弱い」というのが西尾維新氏の作品の主人公に投影されているのではないか、
と考えました。
戯言シリーズ、化物語と刀語しか読んでない僕にとって、
戯言シリーズの主人公、化物語の主人公に共通するところじゃないか、と思いました。
戯言シリーズでは哀川とか鈴無とか強いキャラなのでいまひとつですが、
化物語では戦場ヶ原ひたぎ、彼女なら弱いですし、
吸血鬼の阿良々木君なら簡単に拘束時に逃げられそうなものですが、
逃げないですよね、最初のホチキスで留められるところも彼なら逃げられそうですし、

「僕」は西尾維新本人ではないか、そしてこの作品は西尾維新本人の自伝ではないか、
あるいは本人をもとにした物語(虚構)ではないか、
と読んでる間どうも思ってしまいました。
異様な性格、「いーちゃん」に共通する癖(阿良々木君のロリコンはいまひとつですが)
いかにも”ああいう小説らしきもの”を書きそうな主人公でした。

でも監禁中、「僕」が逃げられる状況に落ちても逃げない、というのはやはり、
阿良々木君似かなあ、と思いましたね(まあ彼なら喜んでしまいそうですが)

Uは誰にも似てないような、虐待されている、といえば羽川さん、
ちょっとおかしい、といえば戯言シリーズにはいっぱいいます。
片付けの下手なのは玖渚も確かそうだったなあとか、
戦場ヶ原ひたぎの脅すところにもつながっていたのではないか、とか思いました。

空っぽの冷蔵庫、食料不十分どころかさっぱりないとかどうやって暮らしていたのだろう、
「僕」が来るまでには食事があって耐えてられていたのか、
それとも給食だけなのか(ただ給食だけだと土日はきついはず)

序盤の語りは長いですが心のどこかで共感できる内容だったなあと思います。
多すぎて結構忘れてしまいましたが・・・

根本的におかしかったUの原因、Uを縛っていた「不自由帳」、親の願望が綴られていた、
親ができないことを子供にやらせたい、というのは確かにわかる気もする。
でもこの不自由帳はさすがになあ、両方首絞め状態で死ぬ親には言われたくないなあとも思ったり、

最後の最後、Uに語った”物語”
ここはファンには嬉しい感じの展開でしたね~
あらすじっぽいのをみてタイトルはわかるのですが読んだことがないのが(汗)
蹴語、新本格魔法少女りすか、きみとぼくの壊れた世界(きみぼくシリーズ)、ニンギョウがニンギョウ、
化物語も戯言も刀語のあらすじもわかりましたが他のは何なのでしょうか?
調べてみないとわからなそうですね、
ちなみに蹴語と新本格ときみぼくとニンギョウは読んでないので今度読もうかと、
というかここで泣きました。西尾維新氏の作品の共通点はどれだけ変な奴でも、
どれだけ性格が破綻していてもその性格のまま生きていけて幸せになれるお話で、
世間一般の道徳的なお話とは違っている。と、

「不十分」であるからこそ少女Uは失敗しても破綻してもまた復活できた。
僕は「不十分」とは若さであると思った。未熟でどれだけ失敗、破綻しても、
案外大丈夫だったりする。それこそが若さのメリットである。

というメッセージをこの作品で気がつかされた、というね(笑)

裏表紙に起承転結もサプライズもない、と書かれていますが、そうでもないと思いました。
正直小説としては不十分な「小説らしきもの」でしたが、
起承転結もありましたし、サプライズもありましたし、気のきいたオチもあったと思います。
この作品を読んで、まだ読んでいない西尾維新氏の作品を読みたくなりました。
入門書としては駄目で、ファン専用、と書かれていますが、
案外そうでもないと思います。むしろ入るにはちょうどいいぐらいかもしれませんね、



不十分な小説、と言えばその通り、
ノンフィクションのように語られ、なおかつプライバシーで曖昧な表現、
記憶も断片的でこれもまた曖昧、

本当に全体像のつかみにくいお話でした。


でも個人的には待った甲斐あり、大満足でした。
いつもの味とは違う、一味も二味も違うお話でした。


クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 
zigzag.jpg
今回この作品では戯言シリーズの3作目となりますが、
物語のミステリー的要素が薄れてバトル要素が強まる1作です
前回のクビキリサイクル、クビシメロマンチスト
これらとの作風とはまた違うものになってきています

良い点
キャラの喋り、トークが化物語のように面白くなってきている
言葉遊びが格段にレベルアップしているように見える、本領発揮、ですかな
主人公が様変わりしたような感じ、孤独主義は健在だけどうざったくない

悪い点
ミステリー色が薄くなってライトノベル、という感じが強まった
ただしただのライトノベル、という風ではなく、一つ別次元だと思う
クビキリサイクル、クビシメロマンチストに比べると短い

トリック
今回はミステリー色が薄いのであまり難しくなかった

感想
やはり今回は量の少なさ、を感じた
今回は現実味のない設定で引き込まれるのに時間がかかりましたが、微妙に急ぎ足で読みづらかった印象がなくもないです。
哀川潤の存在が相当物語に関わってきて面白かったです
色々なキャラとセリフ回しも、今回は化物語並の面白さでした

ぼく、こと戯言遣いが突っ込み役に回ると気持ちがいいぐらい面白い

そんでもって今回の真相、オチでしたが
今回あとがきで作者がテーマはない、と言っていましたが(あとがきでぼくが理屈を並べる人間とも肯定してましたが)
嘘、とか裏切りとかなんともいえないけれどちょっと悲しい

小萩だっけか、そんなキャラが言ってた台詞「無為式」
いーちゃんの性質を上手くあらわしてますよね
そういう人がホントにトラブルメーカーですよねえ

この作品で戯言使いの名前についていくらかヒントが出てきましたがさっぱりわかりませんねw

玖渚とぼくの過去が非常に気になる、そして本の厚さは薄いながらもブルーな読後感はいつも通りな
戯言シリーズ三作目クビツリハイスクールでした

戯言シリーズ二作目、クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
hyyt.jpg

今回はある程度のひねくれてても大丈夫な僕も、相当ひねくれてるなと思ったぐらい
僕自身これ以上捻くれてしまいそうな読後感
すごく重く、けれど格好いいと思ってしまうと中二病とか、
厨二病でもこれは許容できそうにないけれど

良い点
タイトルの零崎人識は最高にかっこいい
会話が前回より面白い
ドロドロの展開
個性的キャラ

悪い点
主人公の暴走っぷり、でも僕は好き
変わってて狂っている。あり得ないほどの捻くれ率

この作品の見どころ
いーちゃんの暴走っぷりはすごい
「キムチ丼大盛り、ご飯抜きで」
「話は話半分に聞けと言うし」
「よう、人間失格」

終盤にかけてのいーちゃんのかっこよさというかなんというかもうすごい
指の骨を折っちゃいますしね、自分で

ぼくが僕にそっくり、僕もこういうこと思っちゃうタイプですね

多分この作品、なんというかもう捻くれ過ぎてて賛否両論でしょうね
零崎人識かっこいいですね―
レールがもうちょっとずれているけれどw

レールの小石の表現、ものすごく的確
この作品の大部分でしたね

トリックと謎
今回のトリックは簡単、この作品はトリックより会話やストーリー
謎、x/y
僕も試した結果4/20になりました

葵井巫女子の誕生日、智恵、いーちゃん並に変わってるよ

全体的感想
この作品は化物語ほど大爆笑できるような作品ではなく
講談社box文庫ほど分厚くもないのですが
化物語と同じぐらいのボリュームを感じられます

それは会話とか文でやっぱりどこか面白さを感じてるんでしょうね

いつも通りのキャラの面白さ、
殺人鬼は許せるけれど殺人犯は許せない
殺す動機が下らないから?殺人鬼の殺す理由が高尚だから?
悪でもなんか価値のある、みたいな

いーちゃんと同族の零崎人識、いーちゃんのが酷いなあw
いーちゃんの無関心冷徹優しさのないコンクリートのような性格
まるで僕のような彼は共感できる部分が多かったです
零崎人識は人間失格といえど人間っぽいところも多かった気もしますけれど
いいキャラですよね、番外編も買っちゃいそうですw

僕が最も印象に残ってる会話はこれ
「じゃあ殺してよ」
「知らん、勝手に死ね」

彼は何の関心もなく殺せるだろうとか言ってましたけれど、戯言で殺せそうですよねw
凍えるような熱い戯言でした

人を選びそうな作品で相当気分が落ち込んでる時は読まないほうがお勧めです
読むだけで暗くなりそうな重さのある作品です

僕にとって傑作でした

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い 西尾維新作

78.jpg

この表紙だとあまり想像できないと思いますが、これは推理小説です

あらすじ
絶海の孤島、鴉の濡れ羽島に招待されたぼくと玖渚友、
天才たちが集められたこの島で起きた首切り殺人事件を解決すべく
ぼく、こと”いーちゃん”戯言遣いと玖渚友は動き出す

特徴
主人公ことぼく、は草食系男子w
そして戯言を呟いているっていうものすごく変わった人
色々変わった思考さく裂

この主人公、僕は好みです、電波女の主人公ほどくどくないですし
こういうキャラ大好きですね

恐ろしく変わった思考と多少含まれるギャグが楽しいです

良い点
キャラが個性的で面白い、
gosick以上に面白い推理小説

悪い点
トリックが・・・・
戯言がくどく感じることも・・・

悪い点は本当に人による、その人がどう感じるかで大きく変わると思う

感想
僕にとっては最高だった
阿良々木君ほどエロくなく、強さがない感じ(ヘタレ)が僕にあってて良かった

玖渚可愛い
他のキャラの哲学もひねくれてて好きでした
僕がつぼにはまったネタ
「魚の水槽の水温をだんだん上げていくと魚もその水温に対応しちゃって熱湯でも生きられるんだよ
このことから何が言える?」
「地球温暖化は問題ない」
「せーかい!」

問題あるでしょw

その他の台詞も特徴的ですよ

トリックについてネタバレを含む感想




まさか、タイトル通りのトリックになるとは思ってなかった
一人目の首切り死体を二人目にも使う、
首切り+リサイクル(再利用)
入れ替わりすぎてくどいトリックもあった

他のいろいろなブログだとわかりやすかったとありますが僕はわかりませんでした・・
何にも考えずに読むとより一層面白い作品ですw



最終的感想
最後に登場した哀川潤
結構あーいうキャラも好きですね

キャラで読んで言葉遊びなどを楽しむ推理小説、表紙の絵にごまかされずぜひ買ってみてはいかがでしょうか
約3日間にわたって読み続けやっと読み終わったこの作品、
この作品はあらすじだけじゃさっぱり理解できない、そういう癖のある作品

今回から小説レビューで良い部分と悪い部分を抜き出そうかと
良い部分
叙述トリックが上手い
酔う感覚に陥る(読後感や読んでいるとき)
キャラがたっている
伏線多め

悪い部分
この上で書いたよい部分が同じく悪い部分につながるようです、僕はあまり気にならなかった
個人的に思った悪い部分が言葉の言い回しや序盤のつかみにくさ
精神病(鬱)などに対する作者の考え、それがとても変わっている(それを許容するかも人による)

精神病から体を変化させるという病気、A異常症候群、別名悪魔憑き
感染者の精神に録りつく精神病で体を変形させることで新たな才能を手に入れることができる、
それらを捕まえる、いわば悪魔祓いをする
という設定だけ

主人公が面白いんですよ、いわば化物語の阿良々木君のような語り、
でも阿良々木君ほど冷めてもエロくもない

迦遼海江という四肢のないキャラがいまして、まあそのキャラと主人公が話す不思議な感覚もすごいです

ともかくこの物語は不思議、全てにおいて
読んでいるとき酔っているような不思議な感覚に陥ってしまうのですが、そこがまたいいのかもしれません

作者の考え

作者も西尾維新氏並に変わった人だと思えますw
これはハッピーエンドのように色々な人に共感できる、という考えでは決してない気がします

悪魔憑きにかかって新たな才能を手に入れた人間たち、それらは全て自分の才能を驕って、
敵を甘く見ていたことによりやられるケースがほとんどです
こういう部分から才能だけでは勝てなくて、努力によって勝つ、と言っている感じもしますが

弱者はいつまでも弱者だ、という部分、
そこの部分はあまり共感できなかった、ですね

描写
この作品で酔っているような感覚に陥るのは、表現の怖さ、かもしれません
主人公が妹に腕を食べられる場面とか、あの表現の生々しさは怖すぎるw

シナリオも結構怖いです、でも怖いけど、読む気にならないことはありません、むしろ読みたくなっていきます

この作品は人を選ぶ、電波で例えると
電波を受けつけられる人はものすごく波長が合って読みやすく面白いと思います
逆に受け付けられない人は、ことごとく嫌いになるでしょう

ものすごく癖の強い作品、今度また2巻を買うことにします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。