上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終感想で若干ネタバレあり、というかネタバレを踏まえたうえで行きます。

今回はギャグも随分メタネタ多いなと思ってましたが、
これが案外今回はメディア論というかなんというか、自虐も多いですけどねー
正直映画化のところは若干くどかったです。

んでもって本編、八九寺消えてなんか悲しいどころじゃない喪失感、
大泣きしてしまった、結構淡々と語る阿良々木君もやっぱりあれなんだろうなーとか思った。
というかさらに泣かせた気がする。

やっぱり今回は読みやすい、
テンポよくて結構さらさら読ませる展開だったなーと思う、
というかここ最近の物語シリーズの中で読みやすい部類に入る。
今回は結構無駄がないなあとも思う、
ただここまで伏線を張っておいてネコソギラジカル下みたいにならないか心配だ・・

とりあえずこれのテーマである現実逃避はしてはいけない、偽ってはいけない、と
暗闇は怪異に限ったことであるけれど、人間に例えるなら何だろう、
僕のように勉強をほったらかしてこうやって本を読んで、感想を書いてることだろうか、
それとも幸せな夢から起こす朝のような感じなのだろうか、
暗闇に吸い込まれた末路はわからないけれど死ぬわけじゃない気がする。
自分を偽るということはやっぱいけないんだなあ、というわけで
それとすると月火も・・いやでもあれはホトトギスであることを偽ってないのか、というか無自覚か、

今回を持って残り一話となった物語シリーズ、
これ以上引き延ばしても仕方ない、と何度もこの話でも語っているので、
さすがにこれ以上延ばす必要はないと思います。
というかこの話も八九寺の怪異としての偽りの引き延ばしを止めるために暗闇が襲ってくるって話ですから、

続けるとしたら何でしょう、あの臥煙伊豆湖と忍野メメ、貝木泥舟と斧乃木余弦の話とかですかねw
面白そうですね

スポンサーサイト
鬼物語 第忍話「しのぶタイム」 西尾維新

さて、あらすじ、ではなくて五割の内容を語りましょう、
後の五割は本での語りとか掛け合いとかで埋まると思います。
伏線とか楽しみたいでしょうからあったことだけ淡々と

傾物語が終了後から続きます。
リュックサックが家にあるので家に戻り、それを取って返した後、
どこかに何か食べに行こうとすると≪くらやみ≫に追われます、
≪くらやみ≫は
真っ暗で、視認できずそこにあるともないとも言えない何か

≪くらやみ≫は自転車に乗った阿良々木暦と八九寺を直接迫ってくるわけでもないけれど、
闇のように飲み込もうとしてきます。
危機一髪で飲み込まれそうになったところで、
斧乃木余接の例外の方が多い規則(アンリミテッド・ルールブック)によって助けられます。

アンリミテッド・ルールブック離脱版という変化形で、
斧乃木余接と阿良々木暦、八九寺真宵を元塾の廃墟に跳びます。

そこで次の仕事というわけで別れた斧乃木余接、
影からは忍野忍が・・・

≪くらやみ≫について話すと、忍は400年前の忍の最初の眷属の話を始めます。

忍は放浪者だった。最盛期である400年前、日本に来る前、南極に行っていた彼女、
人間に吸血されるところを目撃されることなく南極では過ごせたため、
彼女が怪異として語り継がれなくなってしまい、存在力が薄れた。
なので南極から大ジャンプで日本にたどり着く(全盛期の彼女なら楽勝らしい)
日本に着いた時、着地したのは湖、枯れかけだったので湖の水を上空に飛ばし、
干ばつによって悩んでいた湖の近くの村に雨が降らした。(そのせいで湖は完全に枯れた)
湖を崇めていた村の住人達は忍を湖の神として崇めた。
忍は人に神として崇められるのも悪くない、と思ってしまい神としてその湖に居座り続けた。
神として居座り続けたものの、吸血できず、エネルギーも吸えなかった

神として少したったころ、妖怪殺しの専門家、のちに忍の最初の眷属となる男が現れます。
家来を何人か連れてきますが、忍は力を見せつけ(吸血できないものの全盛期の再生力はパない)
専門家たちも忍を神として崇めさせます。

弱一年後、村人が消える、神隠しが起きます。それの原因を探っていくけれど、
結果原因はわからず、村人全員が消えてしまいます。
忍と生き残った忍の卷族となる男と一緒に原因を調べている途中にその阿良々木暦が出会った
≪くらやみ≫と同じものが現れます。忍は危険を察知し大ジャンプで南極まで戻ります。
眷族となる男は右手首一本を残して闇にのまれていましたが、
その状態から忍は眷族を作る吸血をします。
すると男はよみがえったものの、吸血鬼の卷族となった自分を嫌い、
忍を村人を消し去った犯人と押し当て、挙句の果てには太陽のもとに落ちて死んでいきます。

それからというもの≪くらやみ≫は襲ってこなくなった、という話です。

その話を聞いていた斧乃木余接、話していると八九寺が起きます。
三つ巴で色々話した挙句、それを知っているのは臥煙伊豆湖だと斧乃木が言います。
そうしたところで再び≪くらやみ≫は襲ってきます。
またアンリミテッドルールブック離脱版によって危機を回避しますが、
どこからわからない場所に落ちてしまいます。

山らしき場所に落ちた阿良々木暦が目を覚めると忍とのペアリングが切れた状態にいました。
斧乃木と八九寺と一緒に下山します。
下山し家を訪ねることにすると、いきなり一軒目から「全て知っている」臥煙伊豆湖に出会います。

彼女によってすべて真実は語られます。
忍が暗闇に襲われた理由は怪異なのに王と偽ったから。
吸血行為をして(眷族を作って)襲われることはなくなる。

今回ずっと暗闇が狙っていたのは八九寺、
まよいマイマイで成仏したはずなのにいた。
そして彼女は迷い牛であることをやめた。
この迷い牛をやめた。ということが駄目であったのだ。
怪異という存在なのに偽ったから、という理由で暗闇に襲われていた。

暗闇は放置すれば町を侵食するだろう、そう告げられて八九寺は・・・・

まあここまで読めばわかるでしょうけれど僕が感動ではなくて辛くて泣いた理由がこの後です。
まあここまで書いたので最後まで書きましょう、

八九寺は潔く、消えました。

猫物語白でのあの廃墟での事件は刀語の錆白兵と同じ扱いでしたw

そうして忍野扇に語った阿良々木暦の物語は終了、
忍野扇は何かを隠している・・・?
というわけで次回に続きます。

端折りすぎて全然魅力は伝えてません、掛け合いや展開、
細かなところは原作を読みましょう、最高です。

というわけで次の記事は最終的感想と参りましょう


鬼物語 第忍話「しのぶタイム」 西尾維新

僕は涙もろいので説得力は皆無ですが、これは泣きました。大泣きです、
タイトル通り忍びないお話でした。
感動で泣く、というよりは重くて辛い展開で泣かされる感じでした。
まあつまり”忍びない”、耐えられないお話でした。

全体的な構成としてはギャグパート多めの阿良々木君語り、
傾物語の続きとして話は進行します。
個人的に言うといままでのお話はギャグ成分少なめで若干物足りない部分もあったわけで、
僕は今回は満足です。

かといって今回のギャグはいつものとタイプが違った、気がする。
それは次の記事でじっくり語るとしてネタバレなしの総合的感想で今回のテーマを語るとすると、

嘘をつき続けてはならない、または現実から目をそらしてはならないということ

第二シリーズになってから(猫物語白、囮物語等)
現実から逃げてはならない、ということを強く主張してきているようにも思う、
これも同じようなものだったなーと思った、

今回はかなり面白い、余裕の五つ星です。
次の感想はネタバレ、というかあらすじを書いていこうかと、
全部書いちゃうので未読の方はお控えください
散々多くの感想を書いてきましたが、これでラストです。
囮物語 西尾維新作
bgbgb.jpg

撫子は可愛いのです。ホントに、
弱くておとなしくて可愛げな・・・
やはり自分ってどうしても可愛いですよね、他人のために死ぬことは人間簡単にはできないように、
自分を嫌うっていうのも人間には簡単じゃない、
自分を愛さなきゃ人も愛せないんですから(へいおん!けいおん!の曲の歌詞より)
嫌うことなんて無理に近いでしょう、
しかし撫子は変わろうとしてませんよね、なんていうかしんどいから、
いつまでも自分が可愛いから被害者面してましたね・・それでも可愛いですけどw

本音を知ったら暮らしづらくなる。
その通りですよね、だから撫子のいるクラスは環境的に最悪ですね・・
保健体育で言う社会的環境が悪かったんですよね・・

しかも「思うとふわふわのぽわぽわになれる」暦お兄ちゃんも奪われてしまったわけですし・・

高すぎる理想を持つと人はだめになる。
そもそもそれは現実逃避・・・
高すぎる理想を持てばそれが失敗してもそれは難しかったんだし仕方ないや、と思ってしまう、
なんか心に刺さりますね・・

今回の囮物語での撫子の生きざまは僕の人生に似ているようで落ちていく姿が痛かったです。
つまり共感できました。

憎いほど面白いですね、次回の鬼物語、恋物語も楽しみです。

囮物語全体的感想(ネタバレなし)

囮物語 ネタバレあり感想

囮物語 名台詞集(面白いセリフ集) 弱ネタバレ
さて、囮物語についてもこれが最後、
名台詞集と最終的感想、ネタバレは含みますのでご気をつけて

囮物語 西尾維新作
bgbgb.jpg
「くちなわ」に死体の場所を探るとき
「あの山のどこかにあるの?」
「わからねえ」
「この町にあるの?」
「わからねえ」
中略
「どれぐらい古いの?」
「わからねえ」
「うんっ!」
満面の笑顔で、撫子は膝を打ちます。
「それだけ情報があれば、もう見つけたも同然だねっ・・・・・・・てなんでやねん!」
突っ込みました、暦お兄ちゃんも滅多にしません
関西弁にいたっては、もう痛々しくさえもあります。

アニメ化希望w

阿良々木君と千石撫子との会話
「いいか?千石、人っていう字はな、互いに支えあうことで成り立ているんだ」
「というようなことを言うと、「今時、そんなことをまっすぐに言う人がいるなんて」とかなんとか文句を言う奴がいる」
「中には「いやいや、人という字は互いに支えあっているように見えて、片方が明らかに楽をしている」なんていう奴までいる始末だ!」

「悲しい解釈だと言えよう、そんなことを言う奴は小説を読んでいないに違いない、活字だったら、
人、という字はちゃんと左右は対称になっているはずだ」
・・・・・・・・・・厳密には左のほうが少し細いですけれどね

千石の突っ込みいいなあ!

「な、撫子は可愛くなんかないです」
「えー、何言ってんの、可愛いじゃない、撫子ちゃん可愛いじゃん、すごく可愛いじゃん、
超可愛いじゃん、地球上で最も可愛い人物だと言っても過言じゃないじゃん、愛す可しとかいて可愛いじゃん、
可愛くて可愛くて可愛くて可愛いじゃん、小学二年生の四月、同じクラスになった時すぐ思ったもん、
うわ、可愛いって!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「私の次に可愛いって!」

月火w確かに可愛いけれどw

他のセリフはちゃんと小説を購入してください、ホントいいものばかりです。

三記事目、で終わりにしようと思いましたが、どうやら4記事目まで行きそうです。
4記事目では、本格的に語ろうかと思ってます
さて、前回の記事の続きです。
この記事では盛大にネタバレし感想を綴るので未読の人はまだみないほうが良さげです。

囮物語 西尾維新作
bgbgb.jpg
あらすじ
かつて蛇に巻きつかれた少女千石撫子、
阿良々木暦に想いを寄せ続ける彼女の前に現れた。
真っ白な使者の正体とは・・・?

さて、ここから下盛大なネタバレで



今回の話の語り部は千石撫子。
彼女の語る物語は虚構が混じりとなっています。
つまり言えば、この物語の一部は嘘でできていて事実とは異なっている。ということです。
人間は自分がかわいいから、自分の都合のよい記憶は捻じ曲げてしまう、だから彼女もそうしてしまった、
ということ、でした
彼女は生活の上で白蛇を見かけるようになります。
それは化物語下において千石撫子が”おまじない”を解くためにやった”蛇殺し”において犠牲になった蛇たちを代表する
「くちなわ」という名の蛇からのメッセージ
「くちなわ」は蛇たちを殺したことを責め、その罪悪感に付け込んで千石撫子にお願いします。
くちなわの死体、を探してほしい、と

くちなわはシュシュのような形で千石撫子に憑き、くちなわの死体、を捜します。


が、しかしこれは最初に言ったように囮です。
実際「くちなわ」は千石撫子についておらず、それは千石撫子が記憶を捻じ曲げていたものだったのです。
千石撫子の妄想、です。ですから「くちなわ」に何も頼まれてなんかいませんし、
シュシュは途中でいまだ謎キャラの忍野扇からもらったものです。


死体を探す時、阿良々木暦に見つかり彼の家に泊まらされます。
そして忍野忍と阿良々木月火に色々と言われます、(阿良々木月火には前髪を切られちゃいますがw)
その名台詞は次の記事で
その後学校にいく千石撫子、彼女は学級委員を押し付けられ、担任教師に「おまじない」によって崩れた彼女のクラスを元に戻してほしい、と頼まれます。担任教師は一切関わろうとしていません、
「おまじない」によってクラスの皆の本音がばれて、過ごしにくくなったクラス、
そんなクラスに毎日いく、そんな「ゆううつ」な日々にとうとう痺れを切らした、
おとなしくて引っ込み思案の千石撫子がついに、「くちなわ」の意思に操られて
脱皮します。
その時の彼女の不本意でありながらも脱皮のさまは、本当に見てもらいたいです、すっきりします。
僕もこういう部分があるので、本当に・・
しかし彼女の脱皮、は行き過ぎてしまいます、
「くちなわ」の死体のありかは阿良々木暦の家にあったのです。
しかも・・・・阿良々木暦の部屋の・・・エロ本のありかにw
それをみつけ、ついにめでたしめでたし・・でしたが・・・そこを彼に見つかってしまいます。


「くちなわ」はいないので死体も何もないのです、ですが
彼女がこの時探していたのは本物の「くちなわ」の封じられたお札、でした。
「くちなわ」という神を復活させ自分の願いをかなえようとしたのです、
そのためにこれまでの物語、”囮”があったわけです。
彼女の脱皮は彼女の本音をさらけ出す、という脱皮です。ですから
彼女の脱皮はすべて彼女の意志からのものです。そもそもこの時点で「くちなわ」がいませんもの


そしてこの時、切ってしまった前髪を元に戻してやってもいいぞ、といない「くちなわ」に言われ、
切った髪だけじゃなくて暦お兄ちゃんが私を好きになってくれないかな、という願いをもらします、
これが本音だったのです。

そしてこのあと、阿良々木暦にちょっとした誤解をされ、(これがひどいw)
忍に唆されて・・・
千石撫子は「くちなわのお札」を飲み込み、蛇の化身、神となったのでした。
そして「暦お兄ちゃんなんか、大っ嫌い!」と暦お兄ちゃんを・・・

偽物語上において神原駿河は彼女をこう例えました「ラスボス」
千石撫子は阿良々木暦を死の淵まで追い詰めて真のラスボスに・・・ではなくて
そこで阿良々木暦の携帯に電話が来ます。それは最凶にして最大のツンデレ、
戦場ヶ原ひたぎからのものでした。
ここの会話は面白いw彼女からの願いは一つ、
阿良々木暦の殺す時を半年後までのばしてくれないか、卒業の時まで――――

そしてラストは恋物語に続く、と・・・
初めて物語シリーズで続く、が出ましたね

長文でうざったいネタバレを読んでいただきありがとうございました
まあここで軽く感想を言わせてもらうと
千石撫子の魔性の可愛さをことごとく思い知った
ですかね、今回、相当な面白さなのでこんなネタバレごときでは語れません、
まだまだこんな事柄をまとめたような文では到底表しきれない、
千石撫子の可愛さといつもとはちょっと違う化物語シリーズを垣間見ることができます。
ぜひ買ってみてはいかがでしょうか

そして次はラスト、名台詞とその他もろもろです。
では僕の生甲斐である化物語シリーズ最新刊、囮物語の感想を書かせていだたきます!
さすがに短文感想は不可能ですので珍しく本格的に3つぐらいに分けて書こうと思います

囮物語 西尾維新作
bgbgb.jpg
今回の全体的な感想(ネタバレなし)
囮物語は物語シリーズのなかでも異色、まさに毛先を乱す、感じでした。
化物語下、偽物語上にしか登場していない(実際に登場していない)
千石撫子にまるまるスポットの当たるお話。
化物語でご存じでしょうが、彼女は”被害者”だから忍野メメにお金を要求されませんでした。
ですが・・その事件において、彼女は”被害者”でもあり”加害者”でした。
人間は被害を受ければ”被害者”という肩書になって、周囲からよい扱いを受けます。
ですがどうでしょうか、例えば騒音を出していたAさんにうるさいから、とBさんはAさんを殴りました。
加害者、はBさんです。ですがAさんも加害しました。
その時、Aさんは大抵自分は悪くない、と思ったりするでしょう、そのような感覚なのです。
これには僕も盲目だったな、と思いましたし、
やはり常に人間の行為にもこれがあるんだろうな、と思いました。


あと千石撫子のイメージの一つである”可愛い”について深刻な語りが多かったです。
確かにアニメやこの小説内で千石撫子というキャラはものすごく可愛いかったです。
この上部の表紙に可愛さと色っぽさしか感じませんし・・
可愛さは弱者の持つ最大の武器である。とか可愛さは警戒色ではなく擬態、など
でも、可愛い、っていうのは外見一つだけじゃなくて、自分が可愛いというのもある。
愛す可し(あいすべし)と書いて可愛い、こんな意味だったんですね・・
確かに、自分を愛さないと人を愛せない、ってへいおん!とかいう四コマ漫画のアニメでの曲にありましたがねw

今回の話は千石撫子の脱皮ですね、
この表紙の絵のようにズボンみたいなのを脱いでいますね、
今までの千石撫子が囮だったかのような、それを脱ぎ棄てるかのような、
物語の今までのスタイルを脱ぎ棄てるかのような、乱れに乱れた一話です。

次の記事に続きます
羽川翼のゴールデンウィークの事件の話

前半は妹たちと下着の話やら何やら長く語ってましたが、
後半から圧巻ですね

これまでで一番物語に入り込むことができ、締めも内容も最高だった、と僕は思った

僕は実は猫物語白よりあとに読んでいるのですが、だからこそ最高でした

押し付けるなよ、抱え込めよ、と阿良々木君の説教、というか叫びというか、
そういうシーンにちょっと感動、阿良々木君かっこいい

羽川翼の暗黒面、ブラック羽川は凶悪でしたね・・
羽川の意識も含んでいるブラック羽川、ブラックでも何でもなくただの一人だった

ギャグシーンも面白く、なおかつシリアスシーンも面白い、
どちらもちょうどいい具合に詰め込まれたこの一冊、最高です
化物語シリーズでランクを付けてみようかと、

1位 傷物語
ちょっとギャグが少なめ、でも最も考えさせられましたし、
まだあまりうまくない阿良々木君のボケや突っ込みも面白かった

2位 猫物語 白
衝撃の作品ですね、感動して泣きましたし、ギャグも結構面白かったですし
言葉遊びや伏線回収で圧倒された、というのもありますね

3位 化物語 上
やっぱり最初の物語は印象も強かったですしギャグもバランスよく好きです

4位 化物語 下
まあ記念すべき撫子の登場ですし(
何より面白かったです
5位 傾物語
長編大作を読んでいるような、そんな雰囲気が好きでした
真宵があまり出てこなかったのは残念ですが、結構好きです
6位 花物語
あまりキャラが出てこない為このランクになりましたが、物語自体はとてもいい話だと思います
同率6位 偽物語 上
まあ他の作品がかなり優秀なのでかすんでしまった、という感覚ですかね
ギャグシーン多めで個人的にはかなり好きです


現在、というかいまさら猫物語 黒を読んでいます
かなり面白いですね、このランキングの上位に食い込みそうです
随時この記事は更新しますので

ちなみにリンクは僕のブログの中の記事に飛ぶようになってます、
同じウインドウで飛べるのでぜひ押してください
2011.04.28 花物語 感想
するがデビル、まさかの阿良々木君の卒業後の神原駿河の物語

薬になれなきゃ毒になれ、じゃなきゃあんたはただの水だ

神原の母親、特徴的ですね~
あと同じぐらい貝木泥舟の不審な優しさが特徴的でしたねw

悪魔様の噂、沼地蝋花
彼女の言う、不幸を聞くと気が休まる

彼女の言うことがあまり良く聞こえなかった神原駿河、
いろんな価値観に押された彼女は成長した阿良々木君に出会う、

阿良々木君いいこと言いますねb
涙もろい僕はちょっと泣いちゃいました

青春、かあ

キャラは人に合わせていい人に見られようと変わってしまったりする、
色々頷ける話が多かったです
他にも不幸は聞いてもらうだけでも気が休まる、自分より不幸な人を見るとちょっと報われる
確かにそうですよね、僕もたまにありますし

ちょっと気になったのは前話の傾物語とのボリュームの差、
少なめに感じそうです

神原駿河のいつものキャラとは違う中身、シリアス多めの彼女の物語、ちょっと重めですが面白いです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。